読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都自転車日記

夏目漱石に「自転車日記」という小文があります。畏れ多いと自覚しつつブログのタイトルに拝借しました。京都市街は東西にも南北にも約10Km、自転車サイズの街です。美しい山々が街を囲み、その向こうには趣きのある山里や山寺が点在し、サイクリングコースに事欠くことはありません。 恵まれた環境が独特の自転車文化を育み、個性的な自転車屋さんや自転車愛好家が集まるお店がたくさんあります。 そんな京都の自転車事情を全国の自転車愛好家に紹介できたら良いな、と思っています。

自転車屋さんリターンズ — 京都の自転車量販店

ショップ

f:id:gintacat:20160823103202j:plain

サイクルベースあさひ」が今出川大宮にもできるようです。

京都で良く見かける自転車量販店は…

などでしょうか? あくまで僕の生活圏での話で、南区や伏見区山科区を中心に展開するお店もあるのかもしれません。サイクルベースあさひ(大阪)と、サクラ(東京、発祥は京都)以外はいずれも地元資本の、京都でのみ展開するお店で、1店舗あたりの大きさは「町の自転車屋さん」サイズのお店も多いです。

どのお店も前からあるお店ですが、この7~8年くらいかなぁ、雨後の筍のように、は大げさかもしれませんが、急に増えました。

一方で見かけなくなったのが昔ながらの、個人経営の自転車屋さんです。*1

ただし、量販店に押されて昔ながらのお店がなくなった、という順序ではなく、先に町の自転車屋さんが姿を消した空白を、今、量販店が埋めている、という印象です。

スポーツ自転車のブームもあるかもしれませんが、普段使いの自転車として、スーパーマーケットやホームセンターで売ってる「ママチャリ」ではなく「ママチャリ+α」のものを求める人が増えたので、それに答えることができる自転車専門店が増えている、と見ることもできます。

特に、サクラ、エイリン、KON'S CYCLE(きゅうべえさんはスポーツバイクのイメージが強いのですが、どうでしょう)あたりは、早くからそういうニーズに答えて(近頃、ライフスタイルバイクなどと呼ばれるようになったジャンルの)それぞれのお店の個性を生かした商品を提供してこられたように見受けます。

なんにしても、まちなかに自転車屋さんが復活するのは嬉しいことです。

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

*1:追記:昔ながらの自転車屋さんがなくなる一方で、このところ、おしゃれな(個人経営っぽい)自転車屋さんの新規開業も目に付きます

新車購入編その24 - 完成

新車購入編

f:id:gintacat:20160821151708j:plain

盆休みが明けて最後のパーツが届き… 完成しました。

待ちに待った、という心持ちですが、新しい自転車が欲しいと思い始めたのが3月、空井戸サイクルさんに相談したのが4月。5ヶ月足らずで完成したので、フルオーダーの自転車としては早いほうなんでしょう。

超カッコいい、と自分では思っています(笑)

当たり前ですが、上等なフレームの乗り心地です(笑) カチッとしたかんじで、良く進みます。

6速フリクションも良い感じです。ギア比なんかは実際に走ってみないとわかりませんが。

ハンドルバーは、しばらくこれで乗ってみてから、他の物も試してみたいと思っています。

微調整はこれからですが、とにかく、完成しました。

嬉しすぎて、何を書いたら良いかわかりません(笑)

次は、サイクリングレポートだ!

保存

新車購入編その23 - 速報 塗装完了

新車購入編

昼ご飯のあと、いつものように空井戸サイクルに寄ったら大きなダンボール箱を指して「何の箱だと思います?」と聞かれ… 

まったく予期してなかったことに、堺のミルキーウェイさんにお願いしてあった塗装が仕上がってきました。9月か、8月の下旬と聞いていたのでサプライズです!

せっかくだからということで準備してあったパーツを組み付けてもらったのですが、まだ未発注だったパーツもあり、完成はもう少し先です、が、想像以上に早く出来上がります!

色は、赤、オレンジ、白、緑…、いろいろ検討したけど、空井戸サイクルオリジナルの「カライドグリーン」。綺麗に仕上がってます。控えめなパウダーメタリック、写真でわかります?

ヘッドバッチは僕がパソコンで描いた、アルファベットの大文字「K」。空井戸サイクルの「K」、この自転車で主に走るフィールド、北山の「K」、そのほかにもふたつの「K」を (ry

f:id:gintacat:20160806200319j:plain

f:id:gintacat:20160806202119j:plain

f:id:gintacat:20160806202100j:plain

新車購入編その22 - ブレーキ&ディレイラー、ケーブル&ハウジング

新車購入編 スチームローラー

f:id:gintacat:20160728201944j:plain

愛車、スチームローラーの、サドルやバーテープの色を変えたら、黒いブレーキケーブルがどうしても気になったので、Velo Orange のブレーキケーブルキットに交換しました。自画自賛ではありますが、画竜点睛。

狙ったわけではありませんが、これで、スチームローラーにシマノの部品はひとつも使ってないことになります。

ついでに、新しい自転車のために、同じブレーキケーブルキットと、ディレーラーのケーブルキットも購入してあります。この、ディレイラーケーブルハウジング、めっちゃカッコいいです。ブレーキもこれにしたいところだけど、むき出しのステンレスがフレームを傷つけそうなのであきらめました。

実は、新しい自転車でも、今のところシマノ製品はひとつも選んでいません。可能性があるとしたら、あとはブレーキレバーくらいでしょうが… 使わないだろうな。

シマノが嫌いなわけではなく、むしろシマノの自転車用部品は高い性能と品質のわりに価格は安く、実に優れた製品だと思っているのに、選んでゆくとシマノではなくなる。

そうなるのは、シマノのスポーツ自転車用部品は、すべての製品のベクトルがレースに向いているからだと思います。レース用の部品がツーリングバイクに使えないわけではないけど、こだわってゆくとやはり、ってことでしょうね。

まぁ、だから、それで良い。レース用部品として見たときのシマノ製品はやはり素晴らしい。

 

保存

保存

保存

新車購入編その21 - チェーン

新車購入編

シマノの、6・7・8速用チェーンの現行品は(トップグレードが廃番になって)インナープレートが(ニッケルメッキでなく)グレー塗装のものしかない模様。

KMCの6・7・8速用チェーンには、廃番になったシマノのトップグレード相当の製品もありますが、ウェブサイトの写真で見る限り、見た目がちょっと…

ということで、無我氏お勧め、独ウイッパーマン社の Connex 808 を取り寄せてもらいました(と言っても、こちらも数年前に日本代理店がなくなっているので、ネットオークションで入手してもらいました)。

f:id:gintacat:20160727201042j:plain

僕の撮ったインチキな写真では良くわからないので、製品紹介ページの写真をご覧ください。綺麗でしょ。いかにもドイツ。

後ろの白い箱はBBです。こっちはごく普通にタンゲ。

あとはハンドルステムとシートポストくらいか?

保存

新車購入編その20 - サドル

新車購入編 サドル

セラアナトミカのサドルは実際に使っているし、B17は自分で使ったことはないけど、たくさん見かけるし、でも Gilles Berthud(ジルベルトゥ、ジルベルソー)のサドルはまだ見たことがない。

前に買ったサドルバッグの交換用革ひもを買うついでがあったので I's BICYCLE に行って、ジルベルトゥのサドルを見せてもらいました。実物を見せてもらい、話を聞いてみると、なかなか良さそうだったので買ってしまいました。

ASPIN(アスパン ― ピレネー山脈の峠の名前)、ジルベルトゥのツーリング用サドルの安いほう(チタンじゃなくてステンレスレールのほう)にしました。そりゃチタンは軽いけど、サドルに3万円越えはね、ちょっとね。

f:id:gintacat:20160724164608j:plain
レールを水平に置くと、かなり前下がりですね。トルクスレンチで革をレールから外すことができます。革のメンテの時に便利ですね。

f:id:gintacat:20160724164644j:plain
実際にはもう少し明るい色で、この写真ほどピカピカしていません。ブルックスのサドルはピカピカして綺麗だけど、ツルツルすべって具合が悪かったのですが、これはスベスベしてるけどツルツルはしてない。良さそう。

f:id:gintacat:20160724164736j:plain
革の厚さは6mmちょっと。セラアナトミカや(今の)ブルックスの1.5倍くらいある感じ。樹脂ベースなのにスチールベースのサドルと同じくらい重さがあるのは、革の重さなんでしょうね。

自らもこのサドルを使ってるという I's BICYCLE のスタッフさん曰く「革が厚いので初めは固いですが、柔らかい革なので(昔の)ブルックスなどに比べると、早くなじみます。」とのことです。

セラアナトミカやB17と迷っていると話すと「セラアナトミカは使ったことありませんが、(今の)B17は価格なり(B17スタンダードはこのサドルの半額)の革ですからね…」とのことでした。

僕は、革が薄いだけなら悪いことではない(長持ちしないかわりに、初めから乗りやすい)と思うのですが、やはり(イタリア資本になってからの?)ブルックスは昔のままのブルックスではないのですね。それが、ちょっと寂しい。

f:id:gintacat:20160724164844j:plain


革サドルに樹脂ベース。フランスらしい合理的な発想だと思います。100年以上昔から、同じ形で作り続けてるブルックスもいいけど、新しい製品を作るならこういうのが好きです。

空井戸サイクルの無我氏によると、このサドルが発表された当初、欧州や米国のサイクリストには受け入れられたものの、日本では、この樹脂ベースが仇となってあまり売れなかったそうです。日本で革サドルにこだわる人は評価基準がちょっと違いますからね。

なんにしても、乗ってみないことには何もわかりません。実際に乗ってみるのが楽しみです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

新車購入編その19 - サドルについて

新車購入編 サドル

フレームがカライドサイクルに届いた翌日、店主自ら大阪府の堺まで出向いてマスキング等の指示をしてくれたそうです。納期はおよそひと月、盆休みを挟むので8月末~9月初めになるとのこと。

色はカライドグリーン。昨日のカライドサイクルのブログにカライドグリーンのロードの写真がありました。気がつけば、持ってる自転車の3台が濃いのから明るいのまであるけど緑色。これで4台目だけど、好きなんだからしょうがない。

ということで、9月までには残りのパーツを揃えておかねばならないのですが、まだ決めてないパーツのなかで、いちばんの悩みどころはサドル。

高めのハンドル位置でのんびり走るとなると、やはり革サドルが快適です。

フレームの方向性と予算(3万円以下)から選んだ候補

やっぱりセラアナトミカかなぁ。高価すぎるということもないし。今まで使ったサドルの中で、いちばん快適なサドルです。「World's most comfortable leather bicycle saddles」という宣伝文句は嘘じゃない。

いちばん気になるのがジルベルトゥのサドル。革サドルにプラスチックレールという発想が斬新。嫌いじゃない。今まで使ったこともないし、使っている人の話も聞いたことがな い。フランス製っていうのも惹かれる(用意しているクランクがTAという往年のフランスメーカーのものを意識したデザインなので)。

ブルックスは、SWIFTを半年ほど、人からもらった昔の「ブルプロ」をひと月ほど、それぞれ使ってみたのですが、いまいち… しかし、ブルックスを評価するなら定番中の定番、B17を使ってみなきゃ、と思うのですが…

米国製、仏国製、英国製、さて、どれにしようか…